熱香森 -LA SHANG SEN-

植栽群を巡る動線
「熱香森 LA SHANG SEN(ラシャンセン)」は、ガジュマルを始めとする植物群を店内の中心に据えた、中華レストラン&バーである。1階は限られた店舗面積の中で座席数を確保しつつ、最大限に緑を際立たせるため、既存の吹き抜け部分にメインの植栽群と大テーブルを配置した。これら植栽群とテーブルを軸に、各座席をレイアウト。あたかも植栽群を巡るような動線となっている。店の顔でもある植栽群を、いずれの席からも共有可能にしつつ、移動しながらも楽しめるよう考慮した結果である。
2階へは、外部アプローチから続くタイル階段とプランターに導かれ、個室に至る。個室ガラス面からは1階店内の緑を一望でき、逆に1階客席から個室を見上げるとガラスミラーフィルムによって緑が映込み、増幅される仕掛けになっている。また、踊り場の隠し扉を開くと、1階のベージュを基調とした明るい空間とは対照的なダーク調のバーにたどりつく。バーでは既存躯体のR壁に沿うような形で植栽を吊っており、背面棚のボトルと共にライトアップされ表情をつくり出している。
植栽は店内に留まらず、屋外店舗間口一杯に展開されている。植栽スペースには存在感のあるオリーブを始め、さまざまな樹種でファサードを強調しつつ、前面通路に緑を提供するよう計画した。
もともと、当該建物は都心部にある靭公園東に位置し、公園の延長として捉えられる場所であった。そのため公園から連綿と続く緑を引き受けながら、埋没しない店舗の在り方が問われた。その点は、店のコンセプトに同調するさまざまな地域を起源とする樹種によって独自性を出した。また巡回動線とすることで、食に加えて緑も楽しむ場が出来たと思う。

> Show More

熱香森 -LA SHANG SEN-

植栽群を巡る動線
「熱香森 LA SHANG SEN(ラシャンセン)」は、ガジュマルを始めとする植物群を店内の中心に据えた、中華レストラン&バーである。1階は限られた店舗面積の中で座席数を確保しつつ、最大限に緑を際立たせるため、既存の吹き抜け部分にメインの植栽群と大テーブルを配置した。これら植栽群とテーブルを軸に、各座席をレイアウト。あたかも植栽群を巡るような動線となっている。店の顔でもある植栽群を、いずれの席からも共有可能にしつつ、移動しながらも楽しめるよう考慮した結果である。
2階へは、外部アプローチから続くタイル階段とプランターに導かれ、個室に至る。個室ガラス面からは1階店内の緑を一望でき、逆に1階客席から個室を見上げるとガラスミラーフィルムによって緑が映込み、増幅される仕掛けになっている。また、踊り場の隠し扉を開くと、1階のベージュを基調とした明るい空間とは対照的なダーク調のバーにたどりつく。バーでは既存躯体のR壁に沿うような形で植栽を吊っており、背面棚のボトルと共にライトアップされ表情をつくり出している。
植栽は店内に留まらず、屋外店舗間口一杯に展開されている。植栽スペースには存在感のあるオリーブを始め、さまざまな樹種でファサードを強調しつつ、前面通路に緑を提供するよう計画した。
もともと、当該建物は都心部にある靭公園東に位置し、公園の延長として捉えられる場所であった。そのため公園から連綿と続く緑を引き受けながら、埋没しない店舗の在り方が問われた。その点は、店のコンセプトに同調するさまざまな地域を起源とする樹種によって独自性を出した。また巡回動線とすることで、食に加えて緑も楽しむ場が出来たと思う。

所在地 :大阪市西区京町堀1丁目8-11 ラクメンビル1階
主要用途:飲食店舗
施主  :株式会社TMGB
施工会社:株式会社シー・イー・マネジメント
延床面積:229㎡/1階123㎡(うち厨房37㎡) 2階69㎡

設計期間:2017年3月〜5月
施工期間:2017年5月〜7月

撮影  :Stirling Elmendorf

Italian Dining NATURA

大阪城ホール周辺の再整備に伴い建設された複合施設のテナントとして出店する、イタリアンレストランの内装計画である。施設全体は、大阪城公園駅前から大阪城ホールへと至る緑地帯を切り開き、既存樹木を活かしながら複数の棟を配することで、新たなモール空間を形成する計画であった。
 本計画は、その中でもまとまりのある植栽帯に隣接する、3面ガラス張りの区画が対象であった。南側はメインのプロムナードに面し、北側は軒の深いテラス席、東側は木々の茂る植栽帯に面するといった状況において、3面各々に特徴的な外部空間の質をいかに客席空間に取り込むかが課題となった。
 そこで、まずは唯一の裏側とも捉えられる西側にも、魅力を付与することを考えた。界壁に沿って厨房及びバックヤードの機能を集約し、極力奥行きの浅いボリュームとすることで、植栽帯との間に最大限客席を確保するよう全体を構成した。さらにボリュームの鉛直面を光沢のある白いタイル、カウンターやレジ台といった水平面を大理石の磨きで仕上げることで、自然光の反射、緑の映り込みといった、時々刻々と変化する外部の環境を西側まで引き込むよう意図した。厨房は見せるエリアと隠すエリアを明確に分離し、見せるエリアには作業台と客席を兼ねる奥行き1650mmのカウンターを貫入させることで、客席側からも厨房内のスタッフの活発な動きを感じられるよう計画した。
 また、客席は南北方向を3つのエリアに分け、….

> Show More

Italian Dining NATURA

大阪城ホール周辺の再整備に伴い建設された複合施設のテナントとして出店する、イタリアンレストランの内装計画である。施設全体は、大阪城公園駅前から大阪城ホールへと至る緑地帯を切り開き、既存樹木を活かしながら複数の棟を配することで、新たなモール空間を形成する計画であった。
 本計画は、その中でもまとまりのある植栽帯に隣接する、3面ガラス張りの区画が対象であった。南側はメインのプロムナードに面し、北側は軒の深いテラス席、東側は木々の茂る植栽帯に面するといった状況において、3面各々に特徴的な外部空間の質をいかに客席空間に取り込むかが課題となった。
 そこで、まずは唯一の裏側とも捉えられる西側にも、魅力を付与することを考えた。界壁に沿って厨房及びバックヤードの機能を集約し、極力奥行きの浅いボリュームとすることで、植栽帯との間に最大限客席を確保するよう全体を構成した。さらにボリュームの鉛直面を光沢のある白いタイル、カウンターやレジ台といった水平面を大理石の磨きで仕上げることで、自然光の反射、緑の映り込みといった、時々刻々と変化する外部の環境を西側まで引き込むよう意図した。厨房は見せるエリアと隠すエリアを明確に分離し、見せるエリアには作業台と客席を兼ねる奥行き1650mmのカウンターを貫入させることで、客席側からも厨房内のスタッフの活発な動きを感じられるよう計画した。
 また、客席は南北方向を3つのエリアに分け、プロムナード側には16席で囲む、店舗の顔となるような大テーブルを、テラス側にはゆったりしたソファ席を設けた。それらの間にはフレキシブルな4人掛けのテーブル席を設けているが、ここでは天板に厨房ボリュームと同じタイルを用いており、南北を繋ぐ役割でありながら、東西方向の要素も併せもつ両義的なエリアとなるよう意識した。
 これと同様に天井においては、格子を水平に浮かせたような状態とすることで4方向を等価に扱い、性格の異なる領域を統合する役割を担うよう検討した。既存躯体は勾配をもつ架構が特徴的で、鉄骨の構造部材により南北方向に強い指向性を有していたため、高い天井高による開放感は維持しつつ、指向性のみを和らげることを意図した。
 以上の操作により、客席に裏表をつくらず、どこに座っても異なる魅力を感じられるような空間を生み出すことに成功した。

所在地 :大阪府大阪市中央区
主要用途:飲食店舗
施主  :株式会社PESCA
施工会社:株式会社コスモデザイン企画
延床面積:162.60㎡

設計期間:2016年11月~2017年3月
施工期間:2017年4月~2017年6月
撮影  :Stirling Elmendorf

Allumer kitahama

大阪のリバーサイドにあるアンチエイジングの店舗デザイン。
オーナーの意向で、落ち着きのある暗めで間接照明を配置したイメージの店舗ではなく、一見カフェのようにも見える、明るく、お店を訪れたお客様が元気になる空間が求められた。排煙上の問題をかわすため、天井面には接する事のないS字を描く1枚の木のパーティションのみで、室内にマッサージ室を3つ、シャワースペース、脱衣所、廊下を作り出している。カーテンによりマッサージ室はフレキシブルに区切る事が出来、全てのカーテンを開放すれば、川を望むこ事が出来る、大きな1つの空間となる。この空間は、講習会やヨガの教室を開く事も可能である。

> Show More

Allumer kitahama

大阪のリバーサイドにあるアンチエイジングの店舗デザイン。
オーナーの意向で、落ち着きのある暗めで間接照明を配置したイメージの店舗ではなく、一見カフェのようにも見える、明るく、お店を訪れたお客様が元気になる空間が求められた。排煙上の問題をかわすため、天井面には接する事のないS字を描く1枚の木のパーティションのみで、室内にマッサージ室を3つ、シャワースペース、脱衣所、廊下を作り出している。カーテンによりマッサージ室はフレキシブルに区切る事が出来、全てのカーテンを開放すれば、川を望むこ事が出来る、大きな1つの空間となる。この空間は、講習会やヨガの教室を開く事も可能である。

所在地 :大阪市
主要用途:DAY SPA
施主  :山本工務店
延べ面積: 59.56㎡(18坪)

設計期間:2015年4月~2015年 9月
施工期間:2015年9月~ 2015年12月
撮影  :Stirling Elmendorf

JUTURNA

8年前に竣工したカフェのレストランへのリノベーションである。
幸運な事に、自分たちで設計をした空間をリノベーションすると言うチャンスをクライアントに与えてもらう事からプロジェクトが始まった。変更を加える部分と既存デザインを残す部分を整理し、リバーサイドというロケーションの良さを活かし、余計な物をなるべく設置しないという引き算のデザインコンセプトは踏襲する事とした。
川の景色を反射し内部に取り込む光沢のある天井と、ガラスとステンレスによるキッチンスペースは変更を加えずそのままにした。
変更としては、空間の長さを強調するため、入口付近に既存の壁仕上げを取り除いたモルタルの壁と一体になったロングベンチを新たに設けた。
また、バーカウンターは既存の人工大理石の天板を、透明なレジンでコーティングし、より水の反射のイメージを強調するデザインとした。

> Show More

JUTURNA

8年前に竣工したカフェのレストランへのリノベーションである。
幸運な事に、自分たちで設計をした空間をリノベーションすると言うチャンスをクライアントに与えてもらう事からプロジェクトが始まった。変更を加える部分と既存デザインを残す部分を整理し、リバーサイドというロケーションの良さを活かし、余計な物をなるべく設置しないという引き算のデザインコンセプトは踏襲する事とした。
川の景色を反射し内部に取り込む光沢のある天井と、ガラスとステンレスによるキッチンスペースは変更を加えずそのままにした。
変更としては、空間の長さを強調するため、入口付近に既存の壁仕上げを取り除いたモルタルの壁と一体になったロングベンチを新たに設けた。
また、バーカウンターは既存の人工大理石の天板を、透明なレジンでコーティングし、より水の反射のイメージを強調するデザインとした。
バーの背面棚も、川への視線を遮らないように帆建てより持ち出しのガラス棚へと変更をした。モルタルとガラスが多く使われる空間に合わせて、木の象徴的な階段も、濃いグレーの無機的なイメージへと変更した。
全ての変更点は、空間をよりシンプルに、川をより近くに感じられるようにというコンセプトのもとデザインをした。

所在地 :大阪府大阪市福島区
主要用途:飲食店舗
施主  :株式会社リバーフォーラム
施工会社:CEマネージメント
延床面積:242.04㎡
設計期間:2014年11月 ~2015年2月
施工期間:2015年2月~ 2015年3月

マツヤマ楽器

主にピアノを扱う楽器屋の改装。
世界的に有名なピアノメーカー Steinway&Sonsの正規ディーラーでもあるマツヤマ楽器は、高級感を持つショールームで有るとともに、定期的に行われるリサイタル等のイベントの場としても活用出来る事が望まれた。
我々は、演奏会の際の音響を考慮して、既存の天井を取り払い、RCの梁を露わしとすることにした。
これにより天井高は3400mmにもなり、店舗の気積は飛躍的に大きくなる。この解体時に現れた梁は、部分的にライン照明を埋め込む事によってデザインの一部に取り込んだ。楽譜をおさめる本棚は壁の一部として存在させ、機能的でありながら、店内に置かれたピアノを邪魔する事のないようにと配慮した。

> Show More

マツヤマ楽器

主にピアノを扱う楽器屋の改装。
世界的に有名なピアノメーカー Steinway&Sonsの正規ディーラーでもあるマツヤマ楽器は、高級感を持つショールームで有るとともに、定期的に行われるリサイタル等のイベントの場としても活用出来る事が望まれた。
我々は、演奏会の際の音響を考慮して、既存の天井を取り払い、RCの梁を露わしとすることにした。
これにより天井高は3400mmにもなり、店舗の気積は飛躍的に大きくなる。この解体時に現れた梁は、部分的にライン照明を埋め込む事によってデザインの一部に取り込んだ。楽譜をおさめる本棚は壁の一部として存在させ、機能的でありながら、店内に置かれたピアノを邪魔する事のないようにと配慮した。
所在地 :愛媛県松山市

主要用途:店舗
施主  :有限会社 マツヤマ楽器
施工  :一建築
延床面積:83.36㎡
設計期間:2010年9月~2010年12月
施工期間:2011年2月~3月

大元

大源は骨、赤や凝った装飾というおよそ中華らしい要素を排除した、チャイニーズレストランである。チャイニーズはその料理のインパクトにより、たとえ飾り気の無い真っ白な皿に盛りつけても、チャイニーズレストランであると主張する事が出来る。それゆえ、内装も同じように考えられないだろうか?という事が店のコンセプトである。
1階はコンクリート躯体の壁を白く塗装しただけの空間の中に2つの象徴的なエレメント、真鍮色のプレートと、大理石の天板を配置した。キッチンはオープンで視覚的ににも料理の迫力を感じる事が出来る。
2階は、シンプルな空間に、真鍮色の天板を持つ黒皮鉄板のバーカウンターのみを設置した。フレキシブルなテーブルの配置に対応するため、このバーカウンターは可動式になっている。

> Show More

大元

大源は骨、赤や凝った装飾というおよそ中華らしい要素を排除した、チャイニーズレストランである。チャイニーズはその料理のインパクトにより、たとえ飾り気の無い真っ白な皿に盛りつけても、チャイニーズレストランであると主張する事が出来る。それゆえ、内装も同じように考えられないだろうか?という事が店のコンセプトである。
1階はコンクリート躯体の壁を白く塗装しただけの空間の中に2つの象徴的なエレメント、真鍮色のプレートと、大理石の天板を配置した。キッチンはオープンで視覚的ににも料理の迫力を感じる事が出来る。
2階は、シンプルな空間に、真鍮色の天板を持つ黒皮鉄板のバーカウンターのみを設置した。フレキシブルなテーブルの配置に対応するため、このバーカウンターは可動式になっている。

所在地 :大阪府大阪市北区

主要用途:飲食店
施主  :株式会社モアイ
施工  :オムコーポレーション
延床面積:83.36㎡
設計期間:2009年12月~2010年5月
施工期間:2010年2月~2010年7月

堂島リバーフォーラム

コンサート、ファッションショー、展示会等に使用可能なホールと商業施設をもつ複合施設のデザイン監修を行った。
ガラスを多く使用した透明感のある外観、夜になると呼吸するように光るLEDのライティング、施設のネーミングやサインなど多岐にわたり監修をしたプロジェクト。

> Show More

堂島リバーフォーラム

コンサート、ファッションショー、展示会等に使用可能なホールと商業施設をもつ複合施設のデザイン監修を行った。
ガラスを多く使用した透明感のある外観、夜になると呼吸するように光るLEDのライティング、施設のネーミングやサインなど多岐にわたり監修をしたプロジェクト。

所在地  :大阪府大阪市福島区
主要用途 :多目的ホール/飲食店舗/
      事務所/大学
施主   :株式会社ビープラネッツ
施工   :竹中工務店
敷地面積 :4,321.11M2
建築面積 :3,665,4M2
延床面積 :13,312.65M2
構造   :地下1階、地上4鉄筋コンクリート造
      一部鉄骨鉄コンクリート造+鉄骨造